太陽肛門 - ジョルジュ・バタイユ

バタイユ 太陽肛門 ジョルジュ

Add: utoteg53 - Date: 2020-12-02 22:21:44 - Views: 2585 - Clicks: 9286

眼球譚 太陽肛門/供犠/松毬の眼 ジョルジュ・バタイユ著作集 訳:生田耕作 二見書房 >ホーム > 海外文学 > 小説・物語 > 海外文学 > 評論・エッセイ > 幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ > その他海外幻想文学・芸術・評論. 太陽肛門 - ジョルジュ・バタイユ/著 酒井健/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. · 酒井健先生(ジョルジュ・バタイユの翻訳者、法政大学教授)を神楽坂モノガタリにお招きします。 4月に上梓されたジョルジュ・バタイユ『太陽肛門』の新訳を入口に、ゴッホ、三島由紀夫へ。さまざまな芸術領域を横断しながら、生の深淵へ。 バタイユ,ジョルジュバタイユ,ジョルジュ Bataille,Georges. 死者 空の青み ジョルジュ・バタイユ著作集5. なおバタイユが本書発売時に使ったペンネーム「ロード・オーシュ」は「小便をする神」という意味。牛の眼球の使い方も学べます。お見事。 もし眼球譚を感情込めて朗読してくれるオプションプレイがあればわたしは迷わず選択するだろう。 太陽肛門. ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(1897年9月10日-1962年7月9日)はフランスの知識人、作家。 文学、哲学、経済学、社会学、人類学、美術史など幅広い分野で執筆活動していたが、特にエロティシズムや神秘主義、シュルレアリスム、非倫理的なフィクションに関する. 眼球譚 太陽肛門 供犠 松毬の眼 <ジョルジュ・バタイユ著作集 1> ¥ 1,010 (送料:¥360~) ジョルジュ・バタイユ 著/生田耕作 訳 、二見書房 、 、294p 、20cm 、1冊.

人を殺してはいけない理由は本能的なものだが、人類においてその制限が外れる理由 - 新世紀の生き方、物語の世界 呪われた部分 (ジョルジュ・バタイユ著作集) 作者: ジョルジュ・バタイユ,生田耕作 出版社/メーカー: 二見書房 発売日: 1973/11/20 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 8回 この商. 眼球譚 太陽肛門 供犠 松毬の眼 ジョルジュ・バタイユ著作集2. バタイユによれば、エロティシズムは当初宗教の領域において現れた。いま見た供犠がその代表例だ。 バタイユいわく、かつて祝祭と宗教とエロティシズムはそれぞれ密接な関係をもっていた。祝祭では俗なる世界の禁止が取り外され、生の豊かさが蕩尽される。普段は封印されている暴力が解放され、性が解放される。こうした状態をバタイユはディオニュソス(バッカス)的な暴力と呼んでいる。. 次にバタイユは、人間社会を俗なる世界と聖なる世界に区別する。前者は労働の世界であり、後者は祝祭の世界だ。 バタイユいわく、エロティシズムは聖なる世界に属している。祝祭は労働によって蓄えた富を“蕩尽”する(メチャクチャ派手に散財する)。労働の世界にある制限を否定し、そこにいる人びとの衝動をあふれ出させる。 バタイユによれば、無際限の浪費であるという点で、エロティシズムは祝祭と「死」に共通している。 エロティシズムと祝祭が結びついていることは何となく理解できる。しかしエロティシズムと「死」は一体どう関係しているのだろうか? ここでバタイユが着目するのが、供犠(くぎ)だ。.

ジョルジュ・バタイユ著作集 全15巻揃 二見書房 >ホーム > 海外文学 > 小説・物語 > 海外文学 > 評論・エッセイ > 幻想・綺想・怪奇・シュルレアリスム・前衛・・・ > その他海外幻想文学・芸術・評論 > 全集・セット本. 太陽肛門 著者: ジョルジュ・バタイユ 訳者: 酒井健 登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け! 次にバタイユは、エロティシズムの観点から、男性にとっての女性の意味・価値について論じていく。 これは男性にとってよく分かるはずだ。 男性にとって女性は、一方で人格として等しい存在として映り、他方ではエロス的な魅力として現れる。そのとき女性の身体はただのタンパク質と脂肪の塊ではなく、美しさや魅力という“エロス的価値”と映る。 そうした女性はパートナーの場合もあるし、娼婦・売春婦の場合もある。不倫の場合もあるだろう。ただ、いずれにせよ本質的なのは、女性の身体は日常の世界では禁止されており、不安のうちで男性による侵犯の対象となり、欲望の的となることだ。. 『太陽肛門』(ジョルジュ・バタイユ 著 酒井健 訳 景文館書店) 定価:本体520円+税 「太陽肛門」。 この言葉の組み合わせだけでドキドキして. 著者 G.バタイユ (著),酒井 健 (訳) バタイユ、29歳、図書館司書。陽気で、破廉恥に生きたい「病的な人間」だった頃−。「眼球譚」等とならび、バタイユを代表する異端のテクスト。新しい訳と解題で表題作の意味と思想.

ジョルジュ・バタイユ『太陽肛門』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約6件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 太陽肛門 - ジョルジュ・バタイユ バタイユいわく、エロティシズムの本質は禁止の侵犯にある。 では、ここでいう禁止の内実は何だろうか?それは暴力の禁止だ。 人間社会は基本的に労働の社会だ。労働は現在の欲望を抑える代わりに後日の利益を約束してくれる。労働は人間社会が存立するための条件であり、労働のためには暴力の禁止が必要となる。そうバタイユは考える。. 「太陽肛門」 2-「訳者解題」 22-著者略歴(ジョルジュ・バタイユ) 著者 ジョルジュ・バタイユ世紀フランスの総合的な思想家。小説、詩も手がける。 生と死の狭間の感覚的かつ意識的体験に人間の至高の可能性を見出そうとした。. 書籍 出版社:景文館書店 発売日: 年4月. g・バタイユ 太陽肛門 生田耕作訳 1985年奢覇都館 初版 改訳決定版 マダム・エドワルダ ピエール・アンジェリック(ジョルジュ・バタイユ)生田耕作訳 金子國義挿絵 1998年奢覇都館初版. 聖なる神 ジョルジュ・バタイユ. 『太陽肛門』(ジョルジュ・バタイユ) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。作品紹介・あらすじ:1927年にバタイユが書き起こした小テクスト『太陽肛門』は冒頭で、あらゆる事物は他の事物のパロディであると謳う。.

「ジョルジュ・バタイユ」は、独自の思想を追求したフランスの思想家です。フーコーやデリダなどポスト構造主義の思想に大きな影響を与えました。この記事では、バタイユの思想や著書、名言を紹介します。 「バタイユ」の思想とは? 「バタイユ」は20世紀フランスを代表する独特の思想. バタイユ自身が「病的な人間」だった時期と回想する1927年執筆の小作品。「太陽肛門」ひとつにしぼって、作品とバタイユの思想を紐解く一冊。 著者等紹介. バタイユ,ジョルジュ(バタイユ,ジョルジュ/Bataille,Georges) 1897‐1962。二〇世紀フランスの総合的な思想家。小説、詩も手がける。エロティシズム、芸術、宗教、経済など、人文系の多様な分野で尖鋭な議論を展開した 酒井 健(サカイ タケシ). 古永真一『ジョルジュ・バタイユ 供儀のヴィジョン』早稲田大学出版部、年。 吉田裕 『バタイユの迷宮』 書肆山田、年。 Kenji Hosogai, Totalité en excès -- Georges Bataille, l&39;accord impossible entre le fini et l&39;infini --, Keio university press,.

See full list on philosophyguides. 【著者】 ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille(1897―1962). c神父 ジョルジュ・バタイユ著作集4. mixiジョルジュ・バタイユ 初心者が読むおススメ教えて下さい はじめまして。 ジョルジュ・バタイユの作品をまだ読んだことがないのですが、どれがおススメでしょうか? 初めての作家は、最初に読んだ本で次も読もうかとか思ってしまうので。。。 入りやすい作品があったら. さて、冒頭でバタイユは次のように言う。 確かに、動物にとっての交尾と、人間にとっての「それ」(ここでは「エロス的行為」と呼んでおきたい)はきわめて異質だ。エロス的行為が交尾の延長線上にあるとしても、生殖ではなく快楽を目的とする場合も確かにあるし、むしろそれが主な目的になっていると言えなくもない。 動物は生殖活動としての交尾しか行わない。エロス的行為を行うのは人間だけだ。エロス的行為と交尾は、生物学的に共通点があるとしても、その意味や価値という点では本質的に異なるものだ。そうバタイユは考える。. バタイユは眠りこめというのだが、二人は眠ることはできない。 女性が鏡の境目を越えてこちら側へ来るときは、もう彼女は夢を失っており無気力な眠りに陥ろうとしていて、そんな彼女を「私」は鏡の枠とか窓とか扉のような通過品としてしか見なしてい.

AmazonでBataille, Georges, バタイユ, ジョルジュ, 健, 酒井の太陽肛門。アマゾンならポイント還元本が多数。Bataille, Georges, バタイユ, ジョルジュ, 健, 酒井作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. そんな書き出しで始まるジョルジュ・バタイユの『太陽肛門』。 それにしてもバタイユの言葉はどこまでも過激な猥褻さで溢れている。 事務次官がパジャマ姿で会ったことのある女性に対して「抱きしめていい?. Amazonでジョルジュ バタイユ, 生田 耕作の眼球譚 太陽肛門/供犠/松毬の眼 (ジョルジュ・バタイユ著作集)。アマゾンならポイント還元本が多数。. 『眼球譚』(がんきゅうたん、原題:Histoire de l&39;œil)は、1928年にジョルジュ・バタイユがオーシュ卿のペンネームで発表した処女小説、およびそれを大幅に改稿して、1947年に発表した小説。. 不可能なもの ジョルジュ・バタイユ著作集3. よく知られているように、バタイユの描写する眼には盲目性や暴力性、猥 褻さを伴ったものが多い。例えば、1930 年前後に書かれた『太陽肛門』や 『松毬の眼』には、頭部に位置し太陽を直視する眼についての記述があるが、 それは次のようなものであった。.

太陽肛門 たいようこうもん. ジョルジュ・バタイユの思想には常に「太陽」があった。最初期の著作『眼球譚』、『太陽肛門』、『松毬の眼』、『腐った太陽』から晩年の蕩尽の理論まで、太陽というテーマはバタイユの中で大きなものであった。 そもそも哲学において、太陽のイメージは古代から用いられてきた。最も. バタイユ自身が「病的な人間」だった時期と回想する1927年執筆の小作品。「太陽肛門」ひとつにしぼって、作品とバタイユの思想を紐解く一冊。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) バタイユ,ジョルジュ(Bataille,Georges)。.

本書におけるバタイユの中心のポイントは、エロティシズムの本質は禁止の侵犯である、という点にある。 なぜ私たち、特に男性は異性に対してエロティックな欲望をもつのだろうか。それは相手が禁止された存在であるからだ。なぜ私たちは美を欲するのか。それは美をけがすことに喜びを感じるからだ。禁止がなければエロティシズムは成り立たない。そうバタイユは論じていた。. 1 太陽、肛門、眼球 バタイユを読み始めたときに人がいちばん強い印象を受けるのは、残酷さ、暴力、恐怖への彼の傾斜ではないだろうか。それは印象を受けるというよりは、むしろショックを受けるというに近いだろう。. バタイユはなんら特殊なことは言っていないような気さえする。 エロティシズムの研究は、そういった看板を掲げていたわけでなくともすでに行なわれていた。バタイユは、モースはレヴィ=ストロースの著作を踏み台にして、論を組み立てている。.

太陽肛門 - ジョルジュ・バタイユ

email: uqiny@gmail.com - phone:(439) 621-8935 x 4822

公式 ふるさとチョイス厳選 ふるさと納税カタログ 2017秋冬 - トラストバンク - テレマン アルトリコーダーソナタ

-> 西白河郡西郷村 2014.3
-> 哲学の水脈 - 中村雄二郎

太陽肛門 - ジョルジュ・バタイユ - あなたに起こること 愛する人を失ったとき 松家かおり


Sitemap 1

イタリア 基本単語集 - 秋山余思 -